アンチエイジング・酵素の無駄遣い

 

images6Z28YKE6

酵素を無駄遣いしていませんか?

 

酵素には消化酵素と代謝酵素があります。

代謝酵素は、免疫力や自然治癒力や新陳代謝の働きを受け持つ酵素です。

食べ過ぎると消化酵素を使い過ぎて代謝酵素(免疫力を作ります)が少なくなります。

当然、ウイルスなどが侵入してきたとき、防衛できなくなります。風邪をひきやすくなったり、またひいたあと、治りが悪くなったりします。

その他、様々な病気にかかりやすくなります。

どうして風邪を引くと脂っぽい物は食べたくなくなるのか?

風邪をひいた時に、私たちは何を食べるでしょうか。お粥ですね。

それはどうしてかというと、お粥は脂っこいものに比べて、消化しやすいからです。つまり、消化のために酵素を余分に使わなくて済むの

で、余った酵素の力を代謝酵素に回せるのです。

犬でも猫でも、動物は皆、身体の調子が悪くなると、何も食べずにじっとしているようになります。それもやはり、食べないことによって、酵素の力を免疫力や自然治癒力を高める代謝酵素に回そうとするからだということです。

私たちでも、病気になったときは、脂っこいものはあまり食べたいとは思わないと思いますが、これも同じで、身体の方で消化に負担のかかるものを嫌うからです。

つまり食欲がなくなるのも、一つの自然治癒力とみることができるのです。ですからそういう時には、消化しやすい酵素がたっぷり入った食事を摂るようにすると良いということです。

体内酵素(限りがあります)に頼らず、食物酵素をとりましょう。

お魚には大根おろし、お肉には生野菜を食べて、酵素の無駄遣いをなくしましょう。。