アンチエイジング・有酸素運動と無酸素運動

10350426_716918785065358_214031267442813243_n

「無酸素運動」と「有酸素運動」。

代表的な無酸素運動といえば「短距離走」や「筋力

トレーニング」などです。

無酸素運動という言葉から誤解されがちなのです

が、息を止めてする運動という意味ではありませ

ん。

「エネルギーを作り出す際、酸素を必要としない運

動」のことです。

私たちは普段、呼吸で酸素を取り込みながらエネル

ギーを作り出しています。

しかし、無酸素運動は、短時間で急激な運動をする

ため、息をしっかり吸って酸素を取り込む時間があ

りません。

そこでどうするのかというと、酸素を必要としない

方法でエネルギーを取り出しています。

そのエネルギー源とは、血球に含まれる炭水化物です。

血中に含まれる炭水化物をもとに、エネルギーを素

早く取り出すため、急な運動が可能なのです。

しかし、急な運動によって、痛みやだるさを伴う

「乳酸」という成分が、血中に含まれるようになり

ます。

この乳酸があるため、痛みやだるさが伴い、運動を

長時間続けたくても続けられなくなるのです。

短時間で強い力は発揮しやすいが、長時間続けるの

が難しく疲れやすい特徴があるのです。

一方、有酸素運動とはどんなものでしょうか。

無酸素運動とは逆に「エネルギーを作り出す際、酸

素を必要とする運動」という意味です。

では、この有酸素運動のメカニズムをご説明しま

しょう。

普段私たちは、食事から摂取した「糖分」と、吸っ

た息に含まれる「酸素」をもとに、エネルギーを作

り出しています。

糖分と酸素が結合すると、エネルギーが生まれるの

です。

そういう意味では、普段から私たちは有酸素運動を

しているといえばしています。

分かりやすく言えば「いつもより酸素をたっぷり

吸って、いつもよりエネルギー消費のペースを上げ

よう」というイメージです。

代表的な有酸素運動は「ウォーキング」「水泳」

「サイクリング」「エアロビクス」などです。

この有酸素運動を続けることで、ある変化が生まれます。

長時間続けていると、血中の糖分が不足し始めます。

普段であれば、おなかがすくこのタイミングで食事

の時間になるのですが、有酸素運動はそうもいきま

せん。

そこで代わりのエネルギー源として、脂肪組織を分

解し、活用し始めるのです。

脂肪1グラムは、9キロカロリーもあります。

しかも有酸素運動は、無酸素の場合とは違い「乳酸

が作られにくい」という特徴もあります。

そのため、疲れやだるさを感じにくく、長時間続け

ることが可能です。

疲れにくくて脂肪を燃焼しやすい。

このことで、ダイエットにも効果があると言われる

のです。

(出典HappyLifeStyle)