腸の働きは免疫力をアップさせること

 

人体最大の免疫器官でもある腸。
 食物の消化・吸収とともpに、小腸のもう一つの重要な働きは免疫機能です。

image

 

免疫とは、体に侵入してくる病原菌などの異物を見つけて排除する自衛のシステムです。

 

異物が侵入しやすい場所にはリンパ組織が集まっていますが、異物侵入の最危険地帯が食物を消化・吸収する小腸なのです。
 

体中の全免疫系細胞の60%以上が小腸にあって、病原菌を攻撃する抗体の約60%を作っているといわれています。小腸は、私たちの免疫力を支える最大の免疫器官でもあります。

 胃や大腸、肝臓など消化器の病気では「悪性腫瘍(がん)」が心配になりますが、実は小腸ではあまり多くありません。

 

免疫細胞が集中しているためか、小腸がんの発生頻度はほかの消化管がんに比べ、きわめて低いといわれています。

images (9)

腸環境を良くして腸内細菌を増やしましょう。

そのためには、食物繊維、乳酸菌をとりましょう! 

image

夏の飲み物、甘酒は飲む点滴と言われています。

ビタミンB群、アミノ酸、植物乳酸菌などが入っています。

発酵食品で、酵素もとることが出来ます。

市販の物は発酵を止めるために煮沸しています。

手作りがいいですね!