「酵素&腸内フローラ」カテゴリーアーカイブ

タンパク質って?

582112_518253841598521_1761936269_n

何を食べたら、健康で、いられるか?

意外に知らないで、レシピだけを集めて、料理をしがちです。。

栄養って、あまり考えたくない人も多いとおもいますが、、、

無知は罪です。

ご家族、ご自分のために、ちょっと耳を傾けてくださると、うれしいです。

病気にならないほうがいいですよね。。。

では、今回はタンパク質のことを少々。。。

誰もが知ってる栄養でですね。。

一日、たんぱく質は体重の1000分の1取ります。。

体重50キロ人は50g必要です。

魚一切れ10g弱です。。意外に大変かも。。。

動物性より植物性がいいです。

大豆製品がベスト。

必須アミノ酸を9種類取りましょう。

大豆が理想です。

もちろん、肉、魚、卵などもタンパク質がとれます。。

たんぱく質は酵素で分解され、アミノ酸になり、小腸から吸収されます。

身体のほとんどの部分を作るときの材料になります。。

しっかりとって、ボディメイクしましょう。

※この記事のタイトルをクリックして、コメントをお寄せください


アンチエイジングには睡眠が一番!

基礎代謝

成長ホルモンとはー1

アンチエイジングに欠かせない。

文字通り、成長を促す重要なホルモンです。

年を取ると、分泌量が少なくなります。

成人以降の誰にでも成長ホルモンは必要不可欠。

「成長ホルモン」と聞くと、子供にとって大切なもののような印象を受けますが、大人にとっ

ても重要です。

大人になってからの成長ホルモンは、アンチエイジングやダイエットに抜群の作用があります。

いつまでも若々しく見られる人は、このホルモンの作用が強いのかも。

良いこといっぱい!

身長は成長期のこの成長ホルモンの分泌量によって、大幅に左右されます。

骨や筋肉をつくる効果もあります。

筋肉へ送るアミノ酸の量を増加させて、タンパク質合成を向上させ、筋肉量を増加させます。

エネルギー代謝を上げることになります。

血糖値を上昇させたり、体脂肪を分解する効果があります。

体脂肪やコレステロールを減らす脂肪分解作用があります。

大切な役目があるんですね。。

シンデレラの馬車がかぼちゃになる前にはお休みください。。

https://www.facebook.com/dietteam