アンチエイジング・成長ホルモン

408778_296918057025569_1682645683_n

50代に入ると、お腹回り、背中、二の腕、太ももなどに柔らかいお肉がついてくるのはなぜでしょう?

身体の中で、余ったものが、残って、ついてしまったんです。

どうすれば落ちるのでしょうか?

まずは、からだの機能を知ることからです。。

新陳代謝って、わかってるようでわかっていない。。。

新陳代謝が悪くなる原因には、身体が冷えたり、便秘、睡眠不足、運動不足、偏った食生活などが挙げられます。

身体が冷えて血行が悪くなると新陳代謝も悪くなります。

そして新陳代謝を高めるホルモンは、夜中の10時から2時に分泌されます。

ですから夜更かしすれば、成長ホルモンが分泌されませんので新陳代謝が悪くなります。

一度10時から寝てみませんか?

思い切った生活習慣改善がいるようです。

生活習慣は病の入り口です。。

新陳代謝の役割は次回学びましょう。。


アンチエイジング・腸内デドックスから。。。。

快便

身体のキレイは、腸内デトックスから!

腸は第二の脳と言われています。。。

だから、いつも、綺麗な腸にしておきたいですね。。

お通じが悪く、腸に便がたまってしまうと有害物質が排出されないため、美容や健康にいい栄養素も吸収できません。

いくらサプリメントから栄養をとったとしても、全く意味のないものになってしまいます。つまり、腸内をスッキリさせることではじめて美容や健康的なケアができるということなのです。

腸内デトックスは、食事による自然な形で行うのが一番!“乳酸菌”“納豆菌”“オリゴ糖”“食物繊維”などをたっぷりとって、腸内をスッキリさせましょう。

納豆は発酵食品です。。

発酵食品は。。。調味料(醤油、味噌、酢)、塩麹、甘酒、醤油麹、かつお節も毎日食べるものです。

近頃は発酵していないものが、多く出回っています。。

本物を探しましょう。。。


アンチエイジング・新陳代謝って?

10450352_675253579206730_4498043260634367250_n

アンチエイジングには新陳代謝を知ることです。

身体は細胞の入れ代わり、デドックス、免疫力アップなどの働きがあります。

年齢と共に衰えてくる新陳代謝ですが、食べ物に気を付けることで新陳代謝をアップさせることができます。
では、どのような食べ物が、新陳代謝をアップさせてくれるのでしょう。

まず、新陳代謝をアップさせてくれる栄養素として大切なのが、ビタミンB群です。

ビタミンB群は、肉や魚に多く含まれています。特にお勧めは、豚肉です。
豚肉は、糖質の代謝に欠かせないタミンB1を多く含んでいます。

その他にも、脂質やたんぱく質の代謝に欠かせないビタミンB2を含む、うなぎや納豆、卵、
そして、アミノ酸の代謝に欠かせないビタミンB6を含むレバーなどもお勧めです。

そしてバターやチーズ、牛乳などには、皮膚の新陳代謝をあげるビタミンAが多く含まれています。

このようにビタミンB群は、本当に新陳代謝をアップするのには欠かせない栄養素なのです。
ですから、新陳代謝をアップさせるには、ビタミンB群を摂りましょう。

そして、野菜にも新陳代謝をアップさせるものがあります。

有名なのは、しょうがです。身体を温めて冷えを予防してくれます。しょうがのように身体を温めてくれるものには、新陳代謝をアップさせる効果があります。
身体を温めてくれる野菜は、しょうが以外にも、ねぎ、にら、などがあります。

また野菜には、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていますので、積極的に摂るようにしましょう。

発酵食品からの酵素摂取も有効です。。

毎日の工夫が大事ですね。

アンチエイジングはちょっとの意識でアップします。。


基礎代謝って?

images

デドックスして、アンチエイジングしましょう。

基礎代謝って、なんでしょうか?

基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーで、

眠っている間でも消費されています。

しかも、基礎代謝は消費される全エネルギーの約70%も占めています。

さらに、この基礎代謝の60%は筋肉によって消費されるんです。

ですから、無理なダイエットをして、筋肉量が落ちてしまうと、

基礎代謝量が落ちて、痩せづらい体質、太りやすい体質になってしまうのです。

筋肉を落とさないためには、階段を使う、速足で歩くなど、日常生活でも工夫できます。

あきらめないことです。。。


食べる順番を変えてみましょう。

yasai

アンチエイジングはお金がかかるし、大変なことばかりでしょ!

そんなことないんです。。

簡単なことがたくさんありますよ。

食べる順番を変えてみましょう。。

食事の始めに、生野菜から食べることで、後から口にする食品の消化を助けてくれることにもなってきます。

食物酸素を体内に多く摂取することで、消化酵素の必要性が減ってきますので、体内ではそれに変わって代謝酵素が作られます。

これによって代謝を高めることができますよ。基礎代謝を高めることはアンチエイジングに繋がってきますね。


簡単デドックス。

imagesFZHMU7LV

毎日、デドックスして、活性酸素を溜めないようにしましょう。

できるだけ体内の有害物質を排出して、アンチエイジング対策として若々しい身体を維持したいものです。

毎日できることがあります。。

カリウムが含まれいる食品を意識してお召し上がりください。

切干大根はお手軽でいいです。。

食物繊維が豊富で毒素の排出や便の質をあげて腸の免疫力を高めてくれますよ。

昆布・わかめ・ひじき・大豆などにもカリウムが多く含まれています。

ちょっとの意識で、食べるデドックスができますね。。


アンチエイジング・デドックス・お水は飲んでますか?

無題

[新陳代謝―解毒作用]

疲れた時にお水(浄水)に飲むと、すっきりすることがあります。。

身体の60%は水分です。 

新陳代謝や汗で一日2リットルの水分を失います。。

汗にはミネラル分も含まれます。。

ミネラルも、深層深海水や果物や野菜などで、補給しましょう。。

新陳代謝の働きに解毒作用があります。。

身体中の毒素を2リットルの水を飲んで、。排出しましょう。

お水は一気にではなく、小まめにとりましょう。


デドックス・アンチエイジング・朝のお水

10400818_684823194941584_8879455014109273362_n

朝起きたら、ぬるいお湯をコップ一杯飲みます。。

五臓六腑に沁みこんでいきます。。

身体を起こすって感じです。。

ダイエットしたい方は、まずは身体を感じてみましょう。。

自分の身体は、自分で感じることが大切です。。

私が酵素に興味を持ったのは1年前。

酵素は確実に、健康のカギを握ります。。

酵素は、二つの働きがあります。。

代謝酵素と消化酵素です。。。

身体から余分な物を排除し、デドックス・ダイエットを目指しましょう。。


醤油麹を作ろう!!!

10430361_685426928214544_5637048811502891947_n

■醤油麹の基本的な作り方

材 料(複数人分)
米麹(生こうじ)
500g
.
しょう油
500cc
.
漬け込む容器(やや大きめ)
1個
.
保存容器
1~2個

■醤油麹の基本的な作り方

生麹なら ⇒ 醤油と1対1の割合。
乾燥麹なら ⇒ 醤油と2対3の割合。(水分を吸う分だと思ってね)

麹と醤油を混ぜて1週間くらいで完成。

麹は生きているので毎日混ぜてあげることが大事です。
蓋はピッタリ閉めないで、少し浮かしましょう。
空気を入れて、発酵を進めます。。。

発酵食品は何といっても乳酸菌が豊富です。
腸内環境もよくなり、善玉菌が増えます。。

アンチエイジング対策に加えてくださいね。
塩麹、甘酒、醤油麹、ミラクル調味料です。。


善玉菌はつくれます。。。。

imagesSS3KX10K

腸内細菌の中の善玉菌と悪玉菌は1000兆個もあります。
。。
1キロから1,5キロあるといわれています。。

赤ちゃんは95%の善玉菌があります。
成人は20%に減ってしまします。
善玉菌のエサは食物繊維と発酵食品です。。

長寿の村では腸年齢が若い、つまり善玉菌が多いいということです。。
発酵食品を毎日3種類食べているそうです。

ぬか漬け、ヨーグルト、納豆、塩麹漬け、キムチ、、を食べましょう。。、