アンチエイジング・手羽先と生姜のスープ

薬膳料理  手羽元と生姜のスープ

 

o0480057513128549315

このレシピは神戸で「健膳美食サロン」という漢方&薬膳セミナーで講師の池田哲子先生のブログから引用させていただきました。

http://ameblo.jp/mihama-mikan/entry-11952144363.html

健膳美食サロン

 

本当に美味しく、からだが温まりました。。

冬は乾燥、冷えの身体に負担がかかる季節です。。

代謝も下がります。。

このスープを飲んで身体の芯からあっためましょう。。

 

材料(2人分)
☆手羽元     4本
☆生姜        1片
☆棗          1個
☆長葱       1/3本
☆金針菜       7g
☆きのこ類     お好みで
☆松の実       お好みで
☆クコの実      お好みで
水          500cc
鶏ガラスープ   小さじ1
酒          大さじ1
醤油        少々
塩・胡椒      少々
ゴマ油       少々

作り方
①手羽元は洗って水気を拭いておく。生姜は千切りに、長葱は斜め切りに、棗はそのままでも今回は半分に切りました。金針菜は軽く洗って戻しておく、きのこ類もお好みの大きさに切っておく。
②鍋に水と鶏ガラスープ、酒を入れ☆印全て鍋に入れ火にかける、沸騰してきたらあくをとり蓋をして弱火でコトコト煮る。
③手羽元が柔らかくなったら、味を見て、お好みで醤油、塩・胡椒、ゴマ油を入れて完成。

※手羽元がトロトロになるくらいじっくり煮ると、手羽元や食材からの旨味が出てそれだけでも美味しいので、醤油・塩・胡椒は一度味見して薄かったら入れて下さい。

とっても簡単で、ぽかぽか温まりますよ~~

薬膳家の池田哲子さんブログより


アンチエイジング・腸内細菌3種

あなたの腸は元気ですか?

 

 

毎日の便で健康を確認することが」できます。。。

ちょっと、学んでみましょう。。

快便

善玉菌とは

腸内を酸性にし、病原菌をやっつけてくれたり、免疫力を高めてくれます。
食べ物の消化・吸収を促進し、ビタミン合成、腸管運動を促進などの働きをします。
・乳酸菌、ビフィズス菌など。

悪玉菌とは

腸内をアルカリ性にし、腸内を腐敗したり、発がん物資や毒素のある有害物質を作り出します。糞便・ガスの形成はもちろん体の抵抗力を弱め、下痢や便秘を引き起こします。
・ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌、バクテロイデスなど。

日和見菌とは

食べ物や体調によって善玉・悪玉どちらにも傾きます。
例えば、バイテロイデスという菌は、ビタミンを合成したり、病原菌感染を防ぐという有用な働きを持つ反面、腸内の腐敗、発ガン物質の生産、腹部を膨張させるといった悪さもします。

 

どうでしたか?

 

次回は腸にいい食べ物を確認してましょう。。

 

 


アンチエイジング・二つの甘酒・美快腸生活

     美・快腸生活をしましょう。。

 

身体が喜ぶことしてますか?
お顔のお肌がみるみる変化する、デドックス生活を目指します。。

 

 

10325339_670091016401814_6054839694902447672_n

今日は甘酒をご紹介します。

甘酒は酒粕&砂糖と米麹&もち米(砂糖なし)の二種類あります。
私が使っているのは、砂糖なしの後者です。

100CCの甘酒に100CCの炭酸水で、割って飲んでいます。。。
甘酒は飲む点滴とも言われています。。

乳酸菌、ビタミンB群、酵素、などが栄養素としてたっぷり入っています。

麹文化は日本人の健康を何百年も培ってきました。

自分でも簡単に作れますよ。。


アンチエイジング・【代々木上原・酵素教室 】

 【代々木上原・酵素教室 】

代々木上原で、デドックスを目的の酵素教室を開催しています。。

酵素は生食と発酵食品から取ることができます。
なぜ、酵素が必要なんでしょうか?

 

10177470_720134808077089_8458472020175582977_n

 

皆さんは、発酵食品を知ってますか?

意外に取れていないですよね。。。

IMGP9038

一緒に学びませんか?

自分で発酵食品が作れますよ。。

まずは、塩麹と甘酒からスタートしましょう。。

 

次回は1月になります。。

 

明日、お知らせしますね。。

 

 


塩麹レシピ・卵とペンネの塩こうじサラダ

recipe01_img_03

 

【卵とペンネの塩こうじサラダ】

卵 M2個
ペンネ 50g
ブロッコリー 1/4個
レタス 2~3枚
きゅうり 1/2本
「塩こうじ」大さじ1

マヨネーズ 大さじ1
胡椒 適量

作り方
1
卵を茹で、殻を剥き冷まし、4等分にカットする。ペンネを茹で、粗熱をとる。ブロッコリーは小房に分けて茹で、冷ましておく。レタスは食べやすい大きさにちぎる。きゅうりは輪切りにする。
2
ボウルに「塩こうじ」とマヨネーズを入れて混ぜ合わせる。
3
【2】に卵・ペンネ・ブロッコリー・レタス・きゅうり・胡椒を入れてよく和える。


塩麹レシピ手羽塩こうじ

recipe01_img_06

手羽中(ハーフカット) 350g
「塩こうじ」大さじ2
ゆずこしょう 小さじ1/2
白いりごま 少々
作り方
1
手羽中、「塩こうじ」、ゆずこしょうをポリ袋に入れ、外側からよく揉みこみ、口を閉じて1~2時間おく。
2
【1】をオーブントースター又はフライパンでで8~10分、火が通るまで焼き、こんがりしたら器に盛り付け、白いりごまをふる。

柚子コショウががいい香りですよ。。。


アンチエイジング・排便は大事なんです。。。

    

   最近、体調はいかがですか?

 

 

 

imagesB7ZKWZOB

 

 

あなたは、毎日、毎朝、しっかり排便していますか?

排便は、デトックス(毒素排出)の75%をしめているといわれています。

デトックスとは、ひとつには体内の老廃物や有害物質を体外へ排泄することです。

何だか最近、調子が悪い方は、まずは毎日の快便を心がけてみてはいかがでしょうか?

快適な排便デトックスをして、爽快な毎朝を迎えて健康で暮らせるキレイな体づくりをしていきましょう


アンチエイジング・デドックスに効果的な栄養素は?

 

亜鉛とセレンがデドックスに有効です。。

 

1796606_715582435198993_6748537161260404239_n

亜鉛・セレン(セレニウム)は、もともと7大栄養素の一つであるミネラルの中にふくまれセレンともに、デトックスに有効な栄養素です。

まず、亜鉛についてです が、亜鉛が不足すると味覚障害になることはよく知られていますね。

亜鉛は、有害物質を分解する酵素の成分のひとつなので、亜鉛を含んだ食品をとることは、有害物質の排出機能をアップさせます。

亜鉛を多く含む食品としては、豚レバー、カキ、納豆などに多く含まれています。

そして、セレンもデトックスには有効な栄養素であり、抗酸化作用があります。

 

バランスの良い食生活はデドックスの基本ですね。。

 

12月酵素・デドックス・ダイエットセミナー


アンチエイジング・デドックスはなぜ必要か?

デドックスって、必要?

 

10368229_268636549975501_2529933584730681844_n

。。。必要ですよ。

どんどん、やったほうがいいですよ。。

私たちの体の中には、排泄や発汗などをして、本来いらないもの(有害物質や毒素)を排出して、健康を維持しようとする機能がそなわっています。

人は、このように水や食料(生きていくためのエネルギー:栄養分)をとらなくては生きていけませんが、そのエネルギーを使って出る廃棄物を体の中にためて置くと健康にはよくありません。

昔は、有機農法などで作られた食物を食べて、新鮮な肉や魚、新鮮な水を飲んで生活してきました。デトックスも自然に行われることで、十分だったのかもしれません。

現代の日本はどうでしょうか?

世界各地からの食べ物や飲み物を手に入れて食べたり飲んだりすることができるようになり、便利になりました。

その反面、産業が発達することによって公害が生じ、また、食べ物や飲み物を各地に運ぶために保存料や防腐剤・新鮮においしそうに見せるための着色料など、様々な添加物が食べ物や飲み物に使われるなどして、現代の私たちは汚染された食べ物や水を知らず知らずのうちにとっているそうです。。

 

そういった食べ物や水・飲み物をとり続けることにより、体には汚染された食べ物や、水・飲み物に含まれる有害物質や毒素が体に蓄積され続けていき、疲れ・イライラ・ストレスが溜まってしまい、さまざまな病気を引き起こす原因になってしまいます。

でも、私たちの体の中には、そういった有害物質や毒素を排出して、健康を維持しようとする機能がそなわっています。それがデトックス(解毒、毒を排出すること)です。